介護士の道は一人じゃないよ!

あなたはなんで介護の仕事をしようと思いましたか?

介護の道を目指して今まさに勉強をしている人はその事をとても強く思って今の勉強に励んでいますよね。

では、その介護の道に着くきっかけになった出来事って何ですか?

例えば、おじいちゃんやおばあちゃんが介護サービスを受けるようになって、そこで介護士の仕事を見て介護の道に入ってきましたか?

もしくは、家族や知り合いの人が介護士の仕事をしていて、介護の事に興味を持って介護の道に入ってきましたか?

それとも、施設が近くに合ってそこで働いている人を見て介護の仕事を目指そうと思いましたか?

もちろん、きっかけはその人それぞれで介護の道を目指したのだと思います。

ですが、その介護の道を目指すのに、もしこの人のようになりたい、と思う人が居たのなら、その人とは必ず連絡が取れる人になってください。

その人は絶対にあなたの相談相手になってくれますよ。

介護の勉強ももちろんそうですが、いざ職場に出た時にとても大きな支えになってくれます。

仕事を始めた時に大きな支えがあるのはとても心強い事ですよ。

なので、絶対に繋がりを作ってくださいね。

そして、もしそういった人が居ない人は、同じ介護の仕事をしている友達をたくさん作ってください。

もしたくさん作れない場合は、一人ずっと連絡の取れる人を作ってください。

そうすると、仕事を始めても互いに支えあうことができます。

仕事を始めると、どうしても職場の中でのつながりになってしまいますので、外の繋がりを作っておくのはとても大切なことですよ。

なので、絶対に一人ではないと思ってくださいね。

一緒に良い介護ができるように頑張っていきましょう!