帰宅願望の利用者は話しを聞いた後が大切だ。

ども、アラサー介護士のしゅんちゃんじゃ!

利用者の中で帰宅願望が強い利用者がいるんだけど、帰りたいって思っている人ってもう人の話しを一切聞くことはないね。

だって理由を説明しても全く話しにならんからね。

だから、自分が帰宅願望が出た人の対応をする時は、本人の思いを聞くだけ聞いて少し時間を空けるんです。

傾聴することで本人様の思いを出してもらっていったん落ち着いてもらう事をイメージしたらいいですよね。

そして、離れた時にほかの職員にも情報共有をするために報告をします。

ここで、大切なのが、職員によって対応を変えてしまうと本人様はさらに興奮してしまう可能性があるので、必ずケアの統一をしましょう。

すこし時間を空けて本人様がすこし落ち着いていたら、話しができる状態になってから落ち着いて話しをするんです。

もちろん、それをやったからと言って納得はしないけど、その対応をずっとすることで本人様に落ち着いてもらうことが大切なんです。

今を考えるのではなくて先を考えることが大切なんですよね。

どうしても、その時の対応をしてしまうんですが、その先をみて介護を行えるようになったら良いケアに繋がると信じています。

今一人で対応を頑張っている人が居たら、職場の他の職員と一緒に頑張ってください。

介護は一人ではできないので一緒に頑張りましょう。